ゆっくりたのしんでいってください 忍者ブログ
政治・経済を語り好きな音楽を残しておく保存ブログ
2018/10
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
業(ごう、梵: कर्मन् karman[注釈 1])とは、行為、所作、意志による身心の活動、意志による身心の生活を意味する語[1]。仏教およびインドの多くの宗教の説では、善または悪の業を作ると、因果の道理によってそれ相応の楽または苦の報い(果報)が生じるとされる[1][2]。業は果報と対になる語だが、業の果報そのものを業という場合もある[2]。

WIKIより

人は善悪の判断で生きているというよりも業というものに引きずられて生きているのではないだろうか?

自分の性質や地域の性質や国の性質 それらはまるで川の様に自身にふりかかり地域にふりかかり国にふりかかる

そして大部分の人がその流れに購うことができずに流されていく

何か争いが起こって善悪や正義は叫ばれても、行動自体は業に縛られて流されている姿そのものでしかない

しかもその中にいることを自覚できないものは判断力そのものもないと言わざる負えない

判断力のない正義や善悪が意味がないというより害悪なのはいうまでもない

そして人は苦しみ続けていく

拍手[0回]

PR
コメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
最新コメント
[07/30 cartier love bracelet screw fake]
バーコード
忍者ブログ [PR]